期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場


「それってホント?」初心者が陥るウソ・ホント検証サイトへようこそ♪

仮想通貨のリップル(XRP)は本当に信頼できるの

 

国際送金に特化して作られたプラットフォームで、そのプラットフォーム内で使われる仮想通貨のことをリップルコイン(単位:XRP)と呼びます。

 

 

 

 

 

 

TREZOR(トレザー)

 

 

 

リップルXRPはすでに1,000億XRPが発行済み

 

 

国際送金をするときに「日本円→XRP→米ドル」というかたちで中間通貨として利用

 

 

 

 

まだどうか分らないけれど、世界だけじゃなく日本の大手バンク三井住友銀行・みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行の大手金融機関もリップルを活用するようだ。

 

 

しかも三菱商事と三菱東京UFJ銀行は今年からリップルの技術を活用した国際送金サービスを開始すると発表しているが、なぜいまなのか?

 

 

 

 

 

「気になる」

 

 

 

それは先ずリップルが開発を続けているという極秘的革新技術は、次世代送金システムとして世界中から注目されている。

 

 

 

 

 

 

リップルのシステムは安全性とスピードと低コストを実現できるので、画期的な送金システムだといえ実際にXRPを国際ブリッジ通貨として金融機関が採用する手法に関してはまだ時間がかかるようだ。

 

 

 

 

 

世界中の銀行と提携するリップル

 

 

リップルはメリルリンチ・JPモルガン、バンク・オブ・アメリカなどの世界的巨大銀行やわが国三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行との提携を開始しているので、チェックして聞くことが大切。またインドネシア銀行など各国の中央銀行だとか、国内の地方銀行にまで幅広く提携していくようだ。

 

 

 

 

 

リップルXRPで、日本円からXRPから米ドルとこの流れで国際送金をする場合、

中間通貨として利用され、例えば、よく考えると、円から米ドルへ10兆円の送金をするときには、中間通貨のリップルも10兆円の価値をもっていることになる。

 

酔うような話だけれど、そうなるとリップルXRPの時価総額は理論上として世界中で行われる国際送金と同等の価額になると言えるのではないでしょうか?

 

 

TREZOR(トレザー)