VISApayWaveのマークがある加盟店で使えるVisaのタッチ決済

 

 

            Visaタッチ決済

 

 

Visaのタッチ決済とは?

 

Visaのタッチ決済は、非接触対応のVisaカードをレジなどにあるリーダーにタッチするだけで支払いが完了するシステムで、徐々にコンビニやスーパーをはじめ暮らしの色んなシーンで普及が進むタッチ決済なのです。

 

 

 

 

 

 

Visaのタッチはレジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけなので、サインも暗証番号も不要です。
なのでスピーディーに支払いが完了します。

 

 

 

 

 

 

利用はVisaのタッチ決済対応マークのあるお店で

 

 

日本国内はモチロン世界のVisa加盟店で利用でき世界基準のセキュリティ技術により「安心」も兼ね備えています。「大切な特徴のひとつ」

 

 

 

 

 

一定金額を超える場合

 

 

※一定金額を超えるお買い物はカードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。

 

 

 

 

 

非接触対応のVisaカードには、以下の非接触対応マークが記載されています。

 

 

 

従来のスキャンによる支払いは一時的に手元からカードを手放すのでかなり危険、クレジットカードの情報を不正に抜き取られる「スキミング」の被害にあう可能性があるが、Visaのタッチ決済の場合クレジットカードを手放す事が無いので相手にカードを見せることなく決済が可能なので安心です。

 

 

 

 

 

 

VISA payWaveは旅行や出張などで海外に行く機会が多い方におすすめですね。
Visaタッチ決済のご利用が可能でこのマークが記載された加盟店で利用できます。

 

店によっては「Visaのタッチ」と伝える必要がある場合がある。

 

 

 

 

 

 

ま と め

 

 

 

国内でも海外でも、対応マークがあるVisa加盟店であればVisaのタッチ決済できます。自分でタッチするだけでサインや暗証番号は不要です。

 

※(金額による)原則1万円を超える支払いには暗証番号が必要

 

 

 

Visaのタッチ決済は?

 

 

1、便利でスピーディー

 

(スマートにお支払いが完了)

 

 

 

2、国内でも海外でも安全に使える

 

(世界約200の国と地域で利用可能)

 

 

 

3、VISAは世界基準のセキュリティです。

 

(「EMV」の採用により高度な安全性を実現)

 

 

 

ポストペイ(後払い)式の決済方法なので残高を気にしなくていいが、スマートフォンでは使えません。

 

 

 

VISA payWaveno今現在で国内で使える店

 

 

 

国内で使える店や施設はまだ多いとは言えませんが、少なくても近い将来には(2020年オリンピックとか)は大いに利用されているでしょうね。

 

特に海外ではメジャーな決済方法のひとつなので、VISA payWaveを使うと言葉が通じなくてもお金の計算をイチイチしなくてもスマートに決済ができます。
(世界約200の国と地域で利用可能)

 

 

 

 

実際、商社マンなどが海外に出張に行く機会おおくありよく利用されている。旅行も勿論【VISA payWave搭載のカード】を持っておくと便利ですよ。

 

 

 

 

 

VISA payWaveは確かに便利だ。

 

 

VISA以外のブランドもVISA payWaveと同様便利な使い方ができる事があるので幅広く知っておくと便利でしょう。
お申込みは今取引されている銀行などで問合せてみてください。

 

多くの金融機関で申込みができます。