渋野日向子・優勝で1万4000人を超える全英オープンゴルフ一気に優勝

 

 

おめでとう渋野選手!

 

 

 

渋野日向子が42年ぶりの日本人メジャー制覇

 

 

全英AIG女子オープン最終日はスタートで3打差の2位だった渋野日向子

 

 

 

海外女子メジャー初出場の渋野日向子が初日に続き現地の人気を集めている。
6アンダーの2位から2日目をスタート前半を3バーディ/1ボギーとする。

 

 

後半も粘りを見せ、ボギーなしの1バーディで上がる。
A・ブハイと同じ組でまわる。

 

 

 

 

 

連日の60台でトータル9アンダーは首位と3打差の単独2位で決勝ラウンドに進んだ。

 

 

攻めの手を緩めず18ホールを戦い抜き、本人も「ビックリ」の位置で決勝ラウンドに進むが、底抜けに明るい渋野のキャラクターが現地メディアの目にもとまり、爆笑のインタビューが行われた。

 

 

 

全英AIG女子オープンしてしまった笑顔が可愛い日向子

 

 

 


 

 

 

AIG全英女子オープン最終日4日目のドラマ再現!

 

 

5番パー5で4メートルのバーディーパットを沈め通算17アンダーあと3ホールで、L・サラス(米国)と首位で並のだ。

 

事実上の一騎打ちや

 

 

渋野は16番パー4はパー

 

17番パー3は難しい下りのバーディーパットを、ピン側に寄せてパーとする。

 

 

 

「この時点で」

 

 

L・サラスは18番の約1メートルのバーディーチャンスを外して同17アンダーのままホールアウトしたんだよね。

 

 

「ここで外してしまった所がゴルフの神さんのいたずらか」??

 

 

 

全英AIG女子オープン最終18番パー4

 

 

渋野がバーディーを奪えば、優勝が決まる舞台

 

 

 

マジ舞台は整った。

 

 

 

第1打目フェアウエーに

 

 

第2打はグリーンをしっかり捉える。5メートルのこった

 

 

 

 

最後の約5メートルのバーディーパットを何故か入るような気がしてみていた。 

 

「ここで」

 

 

「ゴルフの女神が微笑んだ!」

 

 

 

 

 

 

3パット覚悟で強めに打った渋野のバーディーぱっと。

 

思い描くとおりのラインにボールを乗せ走るボール。

 

 

アッと声が出る!

 

 

なんと、ボールがカップに吸い込まれる。コンっ

 

 

「優勝や」

 

 

パターを持つ左手を高々と上げて満面の日向子スマイル。歓喜の瞬間の時間が止まるようだった!

 

 

すばらしい

 

 

 

 

 

英ミルトンキーンズ・ウォバーンGC

 

(6756ヤード、パー72)

 

 

◇賞金総額450万ドルで”約4億9500万円”

 

◆優勝賞金は67万5000ドル(約7400万円)だ!

 

 

 

渋野 日向子のプロフィール

 

 

名 前 :渋野 日向子【Hinako Shibuno】

 

身 長:165cm

 

体 重 :62kg

 

出身地 :岡山県岡山市

 

生年月日:1998年11月15日(2019現時点20才)

 

ゴルフ歴:8歳〜

 

所 属 :RSK山陽放送

 

 

プロフェッショナル会員

 

国内女子賞金ランキング :2位
女子世界ランキング   :46位

 

海外メジャー1勝

 

 

趣味は:習字・ソフトボール

 

 

 

 

渋野選手の2019年度の優勝成績とは?

 

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

 

資生堂 アネッサ レディスオープン

 

 

そして今回全英AIG女子オープンしてしまった!


おめでとうございます。

 

 


※渋野日向子が42年ぶりの日本人メジャー制覇に王手
 (Youtube)

 

 

 

 

 

ゴルフとは?

 

ゴルフはスポーツとして広く親しまれている。

 

「※ウィキペディアから1部引用」

 

しかし一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられているところもある。
英語での発音は「ガァルフ・ゴォルフ・g?'lf

 

ゴルフの難しさとは?

 

 

一流プロゴルファーでさえプレッシャーからパットを外すこともよくあるほどで、一般には精神力が重要とされており、精神力70%、技術力30%とも言われているすぽーつ。

 

全ての操作において力加減と打球の向かう方向の予測が必須でありプレイヤーには正確さが要求される。

 

パットのみならずティーショットなど全ての動作において言える事である。
また経費としては用具代やプレイ代などの費用がかかりがちなスポーツで、経済的余裕がある者が主に楽しむ競技である。

 

しかし近年は平日など格安でプレイが出来るようになる。