期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場


「それってホント?」初心者が陥るウソ・ホント検証サイトへようこそ♪

昭和からはTVドラマなどの題材として幅広く知られる水戸黄門さまとは

 

wikipediaから

 

 

 

水戸徳川家当主の ”徳川頼房の三男” として水戸城下柵町(茨城県水戸市宮町)の家臣・三木之次(仁兵衛)屋敷でお生まれ、後の水戸藩の第2代藩主水戸黄門こと徳川 光圀となる。

 

 

 

 

水戸黄門のお母様は谷重則(佐野信吉家臣)の娘である久子さま

 

 

1628年6月10日(寛永5年)、水戸徳川家当主・徳川頼房の三男として生まれておられる。
(家臣の三木之次(仁兵衛)のお屋敷で生まれた。)、幼少時には三木夫妻のお子として育てられたと言われている。

 

 

 

 

 

久子が後の光圀公を懐妊された時は、お父様の頼房はまだ正室を持ってないじょうたいだったようです。

 

※1部wikipediaから引用

 

 

 

 

のちに光圀自身が回想した『義公遺事』と言う書が残されているという

 

wikipediaから

 

 

これによれば、
母、久子は奥付きの老女の娘で、正式な側室ではなかったことは上記のこと。
母につき従って奥に出入りするうちに頼房の寵を得て、光圀の同母兄である頼重を懐妊したが、久子の母はこのことに憤慨してなだめられず、正式な側室であったお勝(円理院、佐々木氏)も機嫌を損ねたため、頼房は堕胎を命じた。  

 

同じく奥付老女として仕えていた三木之次の妻・武佐が頼房の准母である英勝院と相談し密かに江戸の三木邸で頼重を出産したという。

 

 

 

 

 

 

パワースポット大洗磯前神社が人気ですね。

 

 

 

大洗磯前神社は、文徳天皇の85612月29日(斉衡3年)に社が創建されましたとあります。
大国主命が祀られていいます。

 

 

 

社殿はかつて永禄年間の兵乱によって惜しくも消失してしまいます。
しかし水戸藩2代藩主徳川光圀公が由緒深き名社の荒廃をなげいて、元禄3年(1690年)に御造営の工を起して3代綱篠公の享保15年(1730)に還座再興し、現在はパワースポットとしても水戸黄門さまが再興に力を入れたことでも知られています。

 

 

 

要するに神仏の座をほかへ移すとうい事で、現在地に再興されました。
大洗海岸の岩礁に立つ「神磯(かみいそ)の鳥居」越しに拝む日の出をみる方は皆息をのむほど美しいといいます。

 

 

ちなみに、海洋国日本の関心を高めるためにも社会教育施設とし、大洗海洋博物館は昭和34年8月に大洗磯前神社御鎮座1100年を記念し設立されたようです。

 

 

海洋国日本のためにも貢献しているのですね。 


 

水戸藩2代藩主徳川光圀公はすごい方ですね。