期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場


「それってホント?」初心者が陥るウソ・ホント検証サイトへようこそ♪

一場靖弘.元楽天の投手が自己破産してた?

 

 

 

 

 

一場靖弘さんは、当時桐生第一高等学校時代は2度甲子園へ出場しており最速145キロを計測している。

 

 

明治大学に進学すると歴代2位となるシーズン107奪三振を記録する。もっと凄いのが「最速154キロを計測」この記録は今も語り継がれています。

 

 

2004年のドラフトのとき各球団が一場靖弘を獲得合戦している

 

 

をはじめ”10年にひとり”ともいう有望株選手に入団の大本命だった巨人をはじめ、 阪神などなどから「栄養費」という名目と言われていた “裏金” を受け取っていたことが発覚しました。。

 

 

 

一場靖弘さんは語る

 

 

 

ヤクルト時代の2011年に東日本大震災が発生しましたね。
東京や名古屋、大阪までゆれたほどの史上最強ともいえる地震で自身が買ったマンションが『半壊』扱いに。価値が下がったので売却しました」

 

 

 

「ここから地獄 を見ることに・・・」

 

 

「実は、現役中に購入した仙台市内のマンションは引退後も家賃収入を得られると思っていました。」 と一場さんは語っています。

 

 

 

 

 

一場靖弘元選手は現役引退後の2013年1月からは、知人の紹介で看板製作会社で仕事をしており、30年間の野球人生で他になにもやってなかった。

 

再起をかけもう一度『会社勤めをして社会に飛び込もう』と思ったんです」と、コメント。

 

 

 

 

 

 

看板製作会社時代は

 

 

※引用

 

大手スーパーへの営業、看板デザインの製作に、現場での取りつけ作業もおこなった。

 

「最初は現場に出るとき、『あの一場だ』と思われたくなかったですね。また1年たつと、野球への思いも少しずつ芽生えてきて、水戸市の電気機器販売代理店に転職しました」

 

 

 

「水戸で働いていたころから、弁護士と話していました。じつは現役中に、仙台市内でマンションを購入していたと言う。
引退後も家賃収入を得られると思っていました。

 

 

 

  「しかし」

 

 

 

一場靖弘の自己破産後のユーチューバー変身に唖然

 

 

 

2015年9月から電気機器販売代理店を退職。

 

 

2019年11月に考え考え抜き『ユーチューバー(元楽天・一場靖弘・自己破産で現在はユーチューバー)」へ・・・

 

 

ユーチューバーに 転職するまでは外資系保険会社で4年間営業などで働いていた一場靖弘さんは、今後本当にユーチューバーとして収入が得られるのかが疑問が残るが一度決めた事に私は応援したいと思いました。

 

 

 

 

ちなみにユーチューバーの一場さんですが↓

 

 

元楽天・一場靖弘・自己破産で現在はユーチューバ>はコチラ!

 

 

 

今後に注目です。

 

 

トップページ