期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

 


「それってホント?」初心者が陥るウソ・ホント検証サイトへようこそ♪

ラス・メドゥラス(スペイン)は 1997年にユネスコの世界遺産に登録されたのだ。

 

 

ラス・メドゥラス(スペイン)

 

 

 

 

世界遺産の宝庫でしられるスペインの世界遺産です。

 

 

 

 

 

 

 

「すごいですね」

 

 

 

 

 

 

ラス・メドゥラスはスペインの世界遺産の中でもインパクトがすごい遺産

 

 

 

 

 

 

 

場所は、レオン県のビエルソという地域に位置しています。
ローマ帝国初代皇帝のアウグストゥスが大規模に発掘を開始しており、帝国最大の金鉱山で多くの砂金が産出したようです。

 

 

 

 

山を切り崩して砂金を採掘する方法は水だった。

 

水の力を使って山を壊したのだから掘方法的にかなりインパクトがありますね。

 

アリの巣のようにトンネルを掘り上部に貯めておいた水を一気に流すという方法です。

 

 

「まさに山崩し法ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

ラス・メドゥラスの山を掘る古代ローマ人が目に浮かぶ

 

 

これらの切り立った山々は鉱業の過程で人工的に出来上がった荒々しいい山なのです。

 

 

 

 

 

ラス・メドゥラスのの金鉱山が廃墟になるのは?

 

 

 

水力に基づく技術を使用して、スペイン北西部のこの地域の金鉱床を開発し始めました。
2世紀まで上るといわれている鉱床の作業の後にローマ人は撤退してからは荒廃したkの景観を残したのです。

 

 

 

 

 

古代ローマ帝国の歴史醸る絶景

 

 

 

まさにこの景観は一見の価値があるでしょう。