羽生結弦,公開練習

 

カナダのトロント

 

 

8月8日
8月9日に行われる羽生結弦さま

 

公開練習に合わせ7日までに日本の報道陣が大挙

 

していた。

 

 

現地入りしている。クリケット・クラブに近いノースヨークのホテルには、スケート関係者、報道関係者の姿が多数みられ、まるでグランプリシリーズのような雰囲気だ。

 

 

 

8日はまず11時からブライアン・オーサー、トレイシー・ウィルソンの両コーチと、振付師のシェイリーン・ボーン、デビッド・ウィルソン両氏が取材に対応していた。

 

羽生結弦,公開練習

 

 

ひそかに今季のフリーは

 

 

『レッツ・ゴー・クレイジー=ロングバージョン』に

 

なるのではと期待していたからなのだが
その可能性は消えたかも…。

 

 

 

フリーのジャンプは冒頭から4回転ループ
4回転サルコー、3回転フリップ。

 

 

そこからスピン、ステップを経て後半は
4回転サルコー3回転トーループ、

 

4回転トーループ−1回転ループ
3回転サルコー、さらに4回転トーループ

 

トリプルアクセル−2回転トーループ、
3回転ルッツ(あるいはリカバリーのアクセル)
という順で、4回転を計5本、

 

 

しかも後半に3本入れる難度の高い構成だった。
すごい。
羽生結弦,公開練習