村上春樹さんのノーベル文学賞候補と言われる理由とは

村上は2006年フランツ・カフカ賞・フランク・オコナー国際短編賞という国際的にも知られている文学賞を受賞しています。

 

 

 

村上春樹,ノーベル文学賞

 

 

世界最大と言われているブックメーカー、

 

英ラドブロークスによると
9月8日の時点で村上さん1番人気ですよね。

村上春樹,ノーベル文学賞

 

 

 

 

現時点ですが、ブックメーカー1番人気の村上さん
が受賞する可能性は高いと言えるのでは?

 

 

追記:

 

2017年10月6日
ノーベル文学賞を受賞したと40分前に知ったばかりのカズオ・イシグロさん

 

イシグロさんはゆったりと落ち着きまた、穏やかに思慮深く鑑みてインタビュー用に一張羅の上着を取りに2階に上がる。

 

 

戻ってきてからは、いかに物語の力を信じているかを語った。
そして自分の書く物語が時に無為に終わった人生について探る内容になっていると。

 

語る・

 

 

 

村上春樹,ノーベル文学賞

 

 

日本時間5日午後8時からは、文学賞が発表される。
毎年、受賞が有力視される村上春樹さんが選ばれるのか
最近は日本よりも海外での売上が上回っており、期待が持てます。

 

 

村上春樹,ノーベル文学賞
1部出典:
村上春樹とノーベル賞についていろいろな方たちがそれぞれいろいろなことを言うのだが

 

ほとんどは適当なダメな議論だと思う。

 

だって大よそあやふやで、逆に言うと
ここで書かれているこの文もその例外ではない…

 

もちろんベストを尽くして少しでも役に立つものを書いているつもりです。

 

しかしノーベル賞文学賞はなぜ取れないの?
という問いは努力で変えられるほど軽いものではない。

 

私たち待ち望んでいる人にはどうしようもないことなのだ!!