「富岡八幡宮殺傷事件」容疑者を暴露!?

 

チャンバラだと言う弟が日本刀で宮司の姉の首を斬った本当の動機

 

富岡八幡宮,容疑者

 

 

茂永容疑者のあほが、姉の長子さんとトラブル状態

なのは、既に多くのメディアが報じている。、

 

富岡八幡宮,容疑者

 

 

富岡八幡宮殺傷事件改めて事件を振り返っておく!

 

 

 

 

 

 

江東区の富岡八幡宮元宮司・富岡茂永容疑者56才は

 

富岡八幡宮,容疑者

 

12月7日夜のこと

 

江東区の富岡八幡宮元宮司・富岡茂永容疑者56才は
現在の宮司である富岡長子さんの自宅前で待ち伏せしていた。

 

 

元ホステス? の妻もしかり! 

 

 

 

 

 

 

長子さんレクサスから降りるも、そこを感じ取り、再度レクサス中へ入るが、、すかさず茂永容疑者がドアを開け放ち長子さんを引きずりおろす・・・

 

 

富岡八幡宮,容疑者

 

 

この時の服装が上下黒や紺などの目立たない服装だったことも判明している。

 

狐に憑かれたか??

 

 

 

 

 そこで、日本刀を振り下ろす...!

 

 

刺すなどして殺害

 

 

 

 

現場には血の付いた日本刀2本とサバイバルナイフ2本が残されてた

 

富岡八幡宮,容疑者

 

 

この時、茂永の妻 ・真里子容疑者(49)が
長子さんの運転手33才を追いかける。。。

 

 

100mほどの角でつかまり背中を
斜めに一刀両断のように切る。

 

「これは目撃者談」

 

 

 

 

運転手に重傷を負わせた。

 

 

それから妻・真里子は、

 

 

 

おまえは許すなど?わめきしらしながら茂永容疑者要るであろう境内の方へもどる。

 

そこに居た茂永が、

 

真里子を待ってたかのように妻。真里子の心臓付近や腹を刺して殺害する。

 

 

次に茂永は自身の左胸を、狂ったごとく3カ所刺し即死する。

 

 

 

 

この様な言葉を失うほど凄惨な事件

 

 

富岡八幡宮,容疑者

 

 

茂永容疑者の遺書がある。

 

ありワープロ書きされた8枚の長文だと言う。

 

 

   その内容が

 

 

「富岡長子を永久に富岡八幡宮から追放する事」

 

などの4か条の要求を列挙していたそうだ・・・

 

 

 

 

 

 

・追記

 

もし、私の要求が実行されなかった時
私は死後に於いてもこの世(富岡八幡宮)に残り

 

怨霊となり私の要求に異議を唱えた責任役員と
その子孫を永遠に祟り続けます。。

 

と記した。

 

 

富岡八幡宮事件、最後に

 

富岡茂永容疑者と富岡長子さんは血が繋がっておらず、富岡茂永容疑者は 施設から貰われて来た血の繋がらない養子ということになりますが、信憑性は不明

 

おそろし!

 

 

 



GMOコイン

 

TOEIC900点レベルのビジネスパーソンに匹敵する翻訳をNTT.COMが提供

「ファイル翻訳」で会議資料やレポートをまるごと翻訳
  翻訳したいファイルをドラッグアンドドロップするだけで、 誰でも使えるシンプルなユーザーインターフェース! 「Word、Excel、PowerPoint、PDF」 などのビジネス文書をそのままのレイアウトで瞬時に翻訳します。