幸運男ショートトラック金メダリスト

 

 

 

幸運男ショートトラック金メダリスト
彼は南半球オーストラリア出身のショートトラック選手

 

1000mで、各レース全て、前を走っていた選手が転倒や失格となり、ラッキーで勝ち進んだ。

 

 

ブラッドバリーの奇跡が始まる。

 

 

 

 

金メダルをとると切手になるようで、ブラッドバリー

 

 

オーストラリアの場合、金メダルをとると切手になるようで、ブラッドバリーそれに授かりいただいている。

 

 

1回戦は

 

同じ組の対戦相手らがブラッドバリーよりも抜けて速い選手がいない・・・

 

その為準々決勝に進むことができた。

 

 

 

準々決勝は

 

今回はそうは行かない、アボロなど優勝候補らと同じ組で、中盤から最下位(4位)に後退

 

追走するのですが、最終コーナー直前に、田村とカニヨンが接触してしまい田村がコーナーにはじかれ大きくコースアウト、ブラッドバリーは3位でゴール。

 

しかし上位二人しか準決勝に進出できないのでブラッドバリーはここで敗退・・・

 

しかし、審判がガニヨンが田村を妨害したとなり2位のガニヨンが失格、それにより繰り上げでブラッドバリーが2位となって準決勝に進む!

 

 

準決勝は

 

 

案の定スタートから先頭集団に遅れを取る。
そのため終始最下位で追走、そこが奇跡、残り半周で金東聖が転倒、更に最終コーナーを終える直前に今度は、李佳軍とマシューが、なんと転倒。

 

そのためゴール直前3人が転倒してしまいブラッドバリーは2位でゴール!

 

 

 

そして、決勝

 

 

ここでも、やっぱり大きく先頭集団に遅れを取りスタート、そのまま終盤まで最下位で追走。

 

ゴール直前の最終コーナーでまたもや前を走っていた4人の選手が接触して倒れ結果、4人全員が転倒したので最後尾にいた「ブラッドバリー」が難なく4人を抜いて1位でゴールイン!

 

 

金メダルを獲得したのです。  もう笑うしかない!

 

 

彼いわく作戦が

 

 

わざと離れていて前が転倒することを期待していた。

 

「それしか作戦が立てられなかった」と話していました。(笑)

 

まぁ実際、相手のミス待ちも戦略の一つだからね。

 

 

あれよあれよと、金メダリスト。

 

 

だから切手になったのである。

 

 

ちなみに、
金メダルを獲得したあとのインタビューで

 

「僕が一番速い選手じゃなかったのは明らかだよ」なんてコメント。

 

南半球では初めての冬季五輪金メダルを獲得した。

 

 

 

 

スゴイ強運の持ち主であり、なんとも滑稽な金メダリスト!?

 

彼は強運の持ち主なので何か宝くじでもあたりそうな感じですね。

 

ブラッドバリー最高〜ぅ!

 

 

 



GMOコイン

 

TOEIC900点レベルのビジネスパーソンに匹敵する翻訳をNTT.COMが提供

「ファイル翻訳」で会議資料やレポートをまるごと翻訳
  翻訳したいファイルをドラッグアンドドロップするだけで、 誰でも使えるシンプルなユーザーインターフェース! 「Word、Excel、PowerPoint、PDF」 などのビジネス文書をそのままのレイアウトで瞬時に翻訳します。