グリーンピースが「ナスカの地上絵」を破損

1994年に世界遺産に登録されているペルーの
「ナスカの地上絵(Nazca Lines)」

 

 

ここへグリーンピースの方々が、、、

 

 

(うそでしょ!)

 

 

 

 

ナスカの地上絵、横に気候変動への対応を呼び掛けるという事をしているグリンピース

 

 

 

 

やつら!

 

 

このメッセージを設置したことに対し
ペルー政府が遺跡を傷つけたとして猛反発

 

 

 

グリーンピース側は10日謝意を表明したようだが、

 

 

 

ペルー国政府は受け入れない意向だ!

 

 

 

「そらそうだよね」!!

 

 

 

 

グリーンピースは同国の首都リマ(で開催されている国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)に合わせて

 

 

例の「ハチドリ」をかたどったナスカの地上絵の一つのすぐそばに「変化の時だ!将来は再生可能だ」のメッセージを設置していた。

 

 

 

 

ペルー政府はこの行為を「攻撃」だと強く非難している。

 

 

 

「グリーンピースの違法行為により遺跡に深刻な影響が与えられた」

 

と強烈に反発。

 

 

 

 

 

また実行した者の刑事責任を追及する考えを表明

 

 

 

 

一方のグリーンピース

 

 

働いてしまったかもしれない無礼について
「深く憂慮している」との見解を表明したのです。

 

 

 

 

その後、団体の代表と面会した
ペルー国政府高官は、

 

 

 

団体側が「損害をもたらしたことを認めていない」
として、「謝罪は受け入れなかった」としている。

 

 

当然だと思う!

 

 

 

一体、グリーンピースはコレして又資金調達か!・・・

 

 

「気分がわるいです。」

 

 

 

 

最後にグリンピースとは?

 

※wikipediaより引用

 

主眼環境保護・自然保護
活動内容ロビイング、調査研究、イノベーション
会員数サポーター(会費を払い活動を支援する会員)は約290万人。有給専従職員は約1000人。(2008年現在)