期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場


「それってホント?」初心者が陥るウソ・ホント検証サイトへようこそ♪

【速報】藤井六段と師匠の杉本七段と対局

※【千日手も】

 

結局、午後6時半ごろ藤井六段の勝利でおわる。

 

 

※将棋で、双方が同じ指し手を繰り返して勝負のつかない状態。
三度繰り返した場合、無勝負として指し直しとなるが、王手の連続である...
<大辞林>

 

 

場所は関西将棋会館です。

 

 

この日は藤井六段のデビューからの連勝中を思わせるような、23社約50人の報道陣が会館に詰めかけたという。

 

「すごいよね」

 

 

午前10時からの開始に合わせて、藤井六段は同9時40分に対局室にはいる。

 

まさにその2分後に杉本七段と鉢合わせ!

 

開始までの時間まで、、「2人は目を合わせることがない」

 

緊張感ある空気が張り詰めた。

 

 

 

 

杉本七段がいうには藤井六段の将棋は

 

真っすぐで若者らしく切り込んでくる展開が本当に強いと話しておられます。

 

 

 

展開はお互い打ち合うような形ではなくて
10ラウンドまで戦って、判定に持ち込む?

 

そんな感覚の展開と言います。

 

 

 

杉本七段は、長ければ長引くほど有利になるという

 

 

「とにかく時間をかけてじっくり攻めて相手を焦らす作戦」を練っていることを明かしています。

 

 

『なるほどです』

 

 

 

 その作戦通りかは、まだ分りません。