期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場


「それってホント?」初心者が陥るウソ・ホント検証サイトへようこそ♪

【悲報】日高晤郎さんは北海道で人気を誇るラジオパーソナリティです。

 

 

実はが4月3日に悪性腫瘍(脂肪肉腫)で死去したことが明らかになったのです。

 

今年に入ってから悪性腫瘍が見つかったようで
密かに通院していたという。

 

 

 

 

 

 

関係者によると「本人の強い意志により」

 

なんと、先月までステージの司会進行や番組出演などを精一杯こなしていたのです。

 

 

「すごい男ですね!」

 

わたしなら出来ないでしょう。。

 

 

日高晤郎さんプロフィール

 

 

本 名    細谷新吾
旧芸名   飛鷹一、日高吾郎
生年月日   1944年2月28日(74歳)
血液型   A型
出身地   大阪府大阪市

 

デビュー年   1961年
所属事務所日高エージェンシー

 

 

俳優として

1960年に大映京都撮影所演技研究会に入所。

 

・第2期生

 

 

声優として

 

・映 画
『007ゴールドフィンガー』
『ロシアより愛を込めて』のショーンコネリー役

 

 

 

 

ラジオパーソナリティーとして

 

『STVラジオ』(NRN)のラジオパーソナリティーを
1978年4月から務める。

 

・現 在
『ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー』担当

 

 

 

 

 

日高さんは1962年、映画「江戸へ百七十里」で俳優としてデビュー
67年には「流れ者小唄」で歌手としてもデビューした。

 

ラジオパーソナリティーとして35年にわたって毎週9時間の生放送を続けていた人気の方、北海道民からとても愛されている。

 

 「残念です。」

 

 

日高晤郎さん74歳。葬儀・告別式は近親者で行意向!

 

 

心からお悔やみ申し上げます。